有望銘柄等の株式投資助言・株価チャート分析・株式投資は相場の女神へ 金融商品取引業者 投資助言・代理業者 関東財務局長(金商)第734号 

お気軽にお問い合わせください

03-6821-8817

『田丸流奥義』とは…

「田丸流奥義」コースをご受講される
皆様にお渡しする教材一式

 「カギ足」のシグナルを基本とし、「ローソク足」の「週足」にトレンドラインを引いて株価を総合的に分析・判断することを本旨としています。それによって、相場の動向を適確に判断し、株式投資における成功率を可能な限り高めようとする手法です。

 

 株式投資で常に100%の勝率を上げ続けることは難しいのですが、100%に近づけることは可能であると思われます。一度や二度、あるいは四回、五回連続して華々しい成功を収めることは難しくはないと思います。そのような時、ビギナーであればあるほど、「自分は相場の天才かもしれない」等と思ってしまうものですが、そのような慢心は自分自身の経験の乏しさに由来するものであることを認識すべきかと思います。連勝の成功を帳消しにするような大敗北が次に待っていることが往々にしてあるもので、経験を積めば積むほど、連戦連勝というものがいかに‟至難の技”であるのか痛感させられるものです。

 

 株式投資の成功率を100%に近づけることは可能である申し上げましたが、それは、「テクニカルチャート分析」をマスターし、確率を高める判断力を研くことによってもたらされると考えているからです。「テクニカルチャート」とは、過去から現在までの株価をグラフ化したものであり、それらチャートを駆使して分析するのが「チャート分析」です。

 

 株価はすべてを語っており、その株価の動きを分析することで、相場自体が発するシグナルを読み取り、重要な転換点を見つけ出すことが可能となり、≪買い時≫≪売り時≫の判定ができるようになります。果たして、買いたいと思っている銘柄は有望なのだろうか、売りたいと考えた銘柄は思い通りに下がるのだろうかー、それに答えてくれるのが、テクニカルチャート分析です。

 

 株価の修正を知り、その結果を投資判断に結び付けることによって、成功を限りなく100%に近づけるための手法が「テクニカルチャート分析」であり、その手法(カギ足・ローソク足・トレンドライン)による検証を経て、投資の適否を判断しようとするのが、田丸流奥義の神髄であります。

 

                (出典:「田丸流奥義解説書」 序章)

「田丸流奥義」解説書テーマ(1巻~6巻)

  • 1
    カギ足・ローソク足・トレンドライン
  • 2
    相場のメカニズム<段上げ・段下げ><押し目・戻り>
  • 3
    有望銘柄の発掘法
  • 4
    勝率を高めるための短期売買<1割投資法><損切り対処法>
  • 5
    天底分析<天井・底の見分け方>
  • 「買い時」「売り時」のとらえ方<売買のタイミング><順張りと逆張り>

田丸好江 PhotoBook

「ストックボイス」
メインキャスター・代表取締役 倉澤様
と相場・チャート解説
「ストックボイス」 
メインキャスター・取締役副社長 岩本様
と相場・チャート解説
セミナー開催
手書きのカギ足チャート
「ご案内バナー」
「書籍例」

書籍のご案内

≪最新の相続解説本≫

【本の内容紹介文】
最も新しい相続の解説本です。
身内が亡くなった時にすべき手続だけでなく、相続においてトラブルを防止することや損をしない相続税対策など“事前の備え”に有効なノウハウを相続問題解決のプロがわかりやすく解説しています。
 
【著者プロフィール】
中根 敏勝(なかね としかつ)
弁護士法人サクセスト代表、一般財団法人日本相続カウンセル協会会長、当社社外取締役
企業法務全般・金融法務等の法人の相談、不動産取引・相続・財産管理等の個人の相談にも応じる。